離婚協議書を作りたい!浮気相手に慰謝料を請求したい!養育費を払ってほしい!など鹿児島の離婚問題は鹿児島の司法書士・行政書士事務所へ

HOME » 離婚関連の業務日誌 » 離婚協議書は作った方がいい?

離婚協議書は作った方がいい?

2010/07/01

離婚の際には離婚協議書を必ず作るべきです。

離婚協議書とは、簡単に言うと離婚の際の取り決めを書面にしたものです。離婚協議書に記載する内容としては一般的に次のようなものがあります。

  • 親権者をどちらにするか
  • 養育費の支払いをどうするか
  • 財産分与をどうするか
  • 慰謝料をどうするか
  • 面接交渉権をどうするか

離婚の際には、離婚することに精一杯でなかなか離婚協議書の作成までは気が回らないことが多いかもしれません。しかし、安易に離婚協議書を提出する前に、もう一度離婚協議書の必要性を考えてみて下さい。

離婚協議書は、単に離婚の際の取り決めを書面にするだけの役目にとどまらず、離婚後の養育費や慰謝料等の支払いの確保、支払いがない場合の強制的回収にどちらかといえば目的があります。

特に、離婚協議書を公正証書にしておくとか、離婚調停で養育費などの取り決めをしておけば、離婚後に養育費が支払われなくなったときに相手方の給料を差し押さえたりできます。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

竹之下真哉司法書士・行政書士事務所
司法書士・行政書士 竹之下 真哉
所在地 〒890-0067 鹿児島市真砂本町27番5号 前田ビル1階
TEL:099-297-6908
FAX:099-297-6909
mail:info@kagoshima-rikon.com
営業時間 9:00~20:00 土日対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab