離婚協議書を作りたい!浮気相手に慰謝料を請求したい!養育費を払ってほしい!など鹿児島の離婚問題は鹿児島の司法書士・行政書士事務所へ

HOME » 財産分与と慰謝料

財産分与と慰謝料

財産分与に関する基礎知識

逆に慰謝料請求されたら

「不倫相手に慰謝料を請求したい」という相談も多いですが、「不倫をして奥さんから慰謝料請求されたがどうしたらいいか」という相談も結構あります。

奥さんから慰謝料請求された場合、基本的な対処法としては「誠意をもって謝罪する」ことが一番です。不倫をしたことについてはきっちりと詫びを入れ、慰謝料を支払うのであればその金額や支払方法などについて話し合いをして、あとはそのとおりに支払いをして終わりとなります。

ただ、当事者同士での話し合いだと、感情が先走って話し合いにならなかったり、支払う慰謝料が妥当な額かどうかの判断が難しかったりと、なかなかスムーズに行かないことも多いようです。

そういった場合は、専門家に間にはいってもらって第三者的な立場から意見を発言してもらうとかするといいかもしれません。

不倫相手への慰謝料請求

慰謝料請求の性質

夫婦の一方が第三者と体の関係を持った場合、他方配偶者はその相手方に対して慰謝料を請求できます。そもそも、夫婦は互いに貞操を守る義務(守操義務)があるところ、この義務に反して体の関係を持つことは、「貞操を守れ」という権利を侵害していることになるからです。

また、慰謝料請求の性質は不法行為による損害賠償請求です。

夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意又は過失がある限り、先に誘ったのがどちらかとか、それが単なる遊びではなく本気の恋であったかに関係なく、精神上の苦痛を賠償すべき義務があるのです。

慰謝料請求できないケース

最高裁判所によると、「婚姻関係にあるものが不倫をした場合であっても、その当時、既に婚姻関係が破綻していた場合には慰謝料請求の対象にならない。婚姻関係が破綻していれば、夫婦の婚姻共同生活の平和維持という権利又は法的保護に値する利益がないからである。」としています。

つまり、不倫をしたとしても、夫婦のしての実態はなく、形だけの(単に離婚届をしていないだけ)婚姻関係であれば、慰謝料請求はできないということです。

また、結婚していることを知らなかった場合や、無理矢理肉体関係を迫られた場合なども慰謝料請求はできないことになります。

財産分与の基礎

財産分与には次の二つの性質があります。

  1. 清算的財産分与
  2. 扶養的財産分与

清算的財産分与

清算的財産分与とは、夫婦が結婚してから協力して築き上げた財産を清算することです。基本的には名義がどちらであるかは関係ありません。ただし、①各自が相続した財産、②結婚前からの財産などは各個人特有の財産と考えられますので、扶養的財産分与の対象とはなりません。

扶養的財産分与

財産分与の形態としては清算的財産分与が基本ですが、財産分与するほどの財産がないケースなどでかつ離婚後に収入の見込みがない専業主婦などは、離婚後の生活保障を目的とした扶養的財産分与が行われることもあります。

お問い合わせはこちら

あさひな司法書士・行政書士事務所
司法書士・行政書士 竹之下 真哉
所在地 〒890-0064 鹿児島市鴨池新町21番7号 鴨池シーサイドビル301
TEL:099-297-6908
FAX:099-297-6909
mail:info@kagoshima-rikon.com
営業時間 9:00~20:00 土日対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab